Monthly Archives: March 2017

JLC Newsletter Vol.75

☆-☆-☆-☆-☆-☆ JLC Newsletter Vol.75 ☆-☆-☆-☆-☆

皆様、こんにちは。
弥生3月、当地サンフランシスコでも雨が多かった冬が明けて
やっと春の兆しです。桜の花も咲いて春めいて参りました。
皆様の街の春の装いはいかがでしょうか。

さて、先日トロントで開催されたAASはいかがだったでしょうか。
時期的にも寒い最中で移動など大変だったのでは?
心配しましたが参加した弊社社員は無事に帰還いたしました。
そのAASのご報告は次号で、、、ということになります。

それでは久々に新刊のご案内です。

すでに人気の『多読ライブラリシリーズ』ですが、NPO多言語多読の新刊がアスク出版よりついに発売開始しました!

================================

レベル別日本語多読ライブラリー「にほんご よむよむ文庫」レベル4 Vol.3
(アスク出版)

240_9784866390659

内容:

・日本食の伝統と現在の食卓を書いた「日本の食卓」
・夏目漱石の小説「坊っちゃん」
・’忠臣蔵’でおなじみの「四十七人の侍」
・オードリー・ヘップバーン主演のアメリカ映画「ローマの休日」のリライト版

どれも読み応えのある作品です。中上級の学習者のみなさん、ぜひ読んでください。
Vol.1 と2 に比べてやや長い作品が多いですが、1,2と読み慣れてきたら、長さも気にならずに読めると思います。

======================

四十七士や「ローマの休日」など私も読んでみたい内容です。

多読ライブラリは定価$42.00になりますが、先生方のディスカウントは20%ですので
$33.60でのご案内です。

ご希望の方はお早めにご連絡下さい!お待ちしております。

<<<<<<<<編集後記>>>>>>>>

2月の末に日本に一時帰国しました。
美味しいもの飽和状態のTokyoですが、いつものように時間が限られて慌しく
食べたかったものを残しながら、後ろ髪引かれる思いで帰国の途につきました。

そんな中、下町の食べ物として有名な「もんじゃ焼き」を食べに行きました。

場所は近年もんじゃタウンとして知られている「月島」のもんじゃ街です。
あれだけもんじゃ焼きやさんが並んでいるのに、列ができている店とガラガラのお店とあって、一体何が違うのでしょうね?

今回は人気の高いお店にやっと予約が取れたので家族で出かけました。

焼き方の手順。
まず、きゃべつの部分を熱した鉄板の上に広げ、土手を作ります。

ちなみに1枚目の写真の手前に見えるのは”お餅”

土手は大事なので、決壊しないように丁寧に作ります。
土手が完成したら、いよいよ真ん中にもんじゃの種を流し込みます。

種の中には片栗粉が入っているので、とろみがついて固まってきます。

中まで火が通って、周りの部分をヘラで持ち上げた時にちょっと焦げ目が
見えてきたら出来上がり!

このような小さなヘラで取って頂きます。(慌てるとやけどします)

写真を見ていたらまた食べたくなってきました!

 

それでは、次回はトロントのレポートをお届けしたいと思います。

どうぞお楽しみに!!

☆☆☆☆☆☆☆